幹細胞

幹細胞培養液に副作用やリスクはあるの?

投稿日:

医療分野や美容分野で幅広く活用できると期待されている「幹細胞培養液」、その名を耳にしたことがあるという人も多いと思います。しかし、新しく開発されたものを使用するときに怖いのは副作用やリスク。どれだけ高い効果が見込めたとしても、リスクが高いと安心して使えないですよね。ここでは、幹細胞培養液の副作用およびリスクについてみていきましょう。

 

幹細胞培養液を使った「幹細胞コスメ」

幹細胞とは、人間の身体を作るもとになる細胞のことです。これがあるからこそ、髪の毛や爪は伸び、肌は生まれ変わります。そして、幹細胞を培養したときにできる上澄みが幹細胞培養液。これには非常に多くの成分が含まれています。

幹細胞培養液に含まれている代表的な成分としては、まず「成長因子」が挙げられます。これは、細胞の活性化させるために欠かせない成分です。そして、免疫に関与する「サイトカイン」も多く含まれています。サイトカインの作用はホルモンとよく似ており、身体を健康に維持するために必要な成分だといえます。

そして、この幹細胞培養液を用いて作られたのが「幹細胞コスメ」です。これには高いアンチエイジング効果があるとして、多くの女性が期待を寄せています。幹細胞コスメとこれまでのアンチエイジング化粧品との違いは、細胞に直接働きかけるということ。老化を根本から食い止めることができると考えられています。

 

幹細胞培養液には幹細胞は含まれていない

幹細胞培養液についてよくある誤解が、「幹細胞培養液には幹細胞が含まれている」というものです。しかし、幹細胞培養液はあくまでも幹細胞を培養するときの抽出液であるため幹細胞そのものは含有していません。そのため、幹細胞コスメを使うことによって幹細胞の再生能力が得られるわけではありません。

むしろ、幹細胞培養液には幹細胞が含まれていてはいけないとされています。なぜなら、細胞が肌表面に付着することによって肌細胞の癌化を引き起こす可能性があるためです。このリスクを回避するため、幹細胞培養液を作成するときにはこの点について厳重にチェックが行われます。

幹細胞の一種であるES細胞やiPS細胞は、癌化のリスクがあることが問題点の一つとなっています。そのため、幹細胞培養液にも癌化のリスクがあるのでは?と思ってしまう人もいるようです。しかし、幹細胞培養液と幹細胞のリスクは決して同じではないのでその点については安心してください。

 

幹細胞培養液の種類ごとの副作用・リスク

幹細胞培養液は、もととなる幹細胞の種類によって大きく3つに分類されます。そして、副作用のリスクもその種類によって異なるといえます。

■ヒト由来幹細胞培養液

ヒトの幹細胞を用いてヒト由来幹細胞培養液を作るときには、厳しい管理基準をすべてクリアしなければいけません。幹細胞の培養は、高性能フィルターによって清浄度の高い状態に維持されたクリーンルームで行われます。また、細胞を提供するドナーの選定にも基準が設けられています。間違っても医療廃棄物から幹細胞を採取しているわけではありません。

このように、ヒト由来幹細胞培養液を製造するときにはしっかりと安全に配慮されています。また、ヒトの細胞がもとになっているため拒絶反応が起きる可能性は低いとされています。開発されてから今までの間に副作用の報告がないことを考えても、安全性はそれなりに確保されているといえるでしょう。

■植物由来幹細胞培養液

ヒト由来幹細胞培養液を用いた幹細胞コスメを使って副作用が起きたという報告はありませんが、それ以上に安全性が高いと考えられているのが植物由来幹細胞培養液です。植物由来幹細胞培養液には、主に「リンゴ幹細胞エキス」や「アルガン幹細胞エキス」などがあります。副作用やリスクが心配だという人は、まずは植物由来の幹細胞コスメから始めるといいかもしれません。

■動物由来幹細胞培養液

動物由来幹細胞培養液は、主に羊から採取した幹細胞を用いて作られています。羊の細胞を用いているのはヒトの皮膚の細胞との類似性が高いという理由からですが、それでもヒトの細胞と同じではありません。拒絶反応が起こる可能性は否定できないため、安全性という面からいうと3種類の中でもっとも低いといえるでしょう。

 

幹細胞エステは誇大広告?

幹細胞培養液は美容に効果があることで大きな注目を集めているため、一部のエステサロンではすでにメニューに取り入れられています。そして、「幹細胞美顔トリートメント」というメニューを提供したのが大手エステサロンの「たかの友梨ビューティークリニック」。しかし、このメニューの広告が誇大広告であるとして東京都から指摘を受けてしまいました。

その広告の中で問題となったのは、「細胞レベルでの若返りを目指す」などの謳い文句です。とても聞こえの良いフレーズではありますが、このように広告するための十分な科学的証拠は存在しません。そのため、不当な表示などを防止する景品表示法に触れてしまったのです。

この一件があったために、幹細胞培養液そのものに対してネガティブなイメージを抱いてしまった人もいるようです。しかし、これはあくまでも広告の表示が問題となっただけであり幹細胞培養液の副作用やリスクが問題になったわけではありません。

なお、たかの友梨ビューティークリニックでは現在「幹細胞美顔トリートメント」のメニューはありません。しかし、幹細胞培養液を利用した「水光美肌トリートメント」というメニューは存在するようです。

 

今後副作用が明らかになる可能性について

幹細胞培養液を使用した幹細胞コスメは、韓国やアメリカではすでに人気となっているため多くの人が使用しています。それでいて副作用の報告がないのであれば、安全性は確立されているのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし、残念ながらそうとは言い切れないのが実情です。

なぜなら、幹細胞コスメは非常に歴史が浅いため十分なデータの積み重ねがないからです。副作用は、必ずしもすぐに現れるとは限りません。長期的に使用することによって、何年も後に副作用がやっと現れる可能性もあるのです。10年~20年ほどのデータがあれば長期的に使用しても安全だといえるかもしれませんが、現時点で副作用やリスクがないと判断するのは難しいといえます。

幹細胞コスメに含まれる成分は細胞に直接アプローチするため、将来的に細胞ががん化する可能性もないとはいえません。もちろん推測の域に過ぎませんが、日本であまり幹細胞コスメが開発されていないのはこのようなことが背景にあるためではないでしょうか。

現時点では幹細胞コスメにはそれほどリスクがないといえるため、大げさに心配する必要はありません。しかし、幹細胞コスメを使って万が一身体に異変が生じたらためらわずに病院に行くことをおすすめします。

 

副作用・リスクのまとめ

幹細胞培養液を使用した幹細胞コスメは、現在日本でも普及しつつあります。雑誌などのアンチエイジング特集で幹細胞コスメが紹介されているのを見たことがある人もいるかもしれません。それだけ注目度が高い証拠だといえるでしょう。

しかし、ここ数年で新しく開発されたばかりであるだけにその副作用やリスクについて気になる人は多いと思います。結論としては、現在のところ副作用の報告はないためそれほど心配する必要はありません。もちろん副作用リスクがゼロなわけではありませんが、基本的に安全に使用できる化粧品だといえるでしょう。

-幹細胞

Copyright© 幹細胞培養液とは , 2018 All Rights Reserved.