幹細胞

幹細胞培養液を利用した「幹細胞コスメ」について

投稿日:

 

女性であれば、誰もが若々しい見た目をキープしたいはずです。そして、若さを維持するためにポイントとなるのが肌。どんなにきれいに着飾っても、肌が衰えるとどうしても老けて見えてしまいます。

シワやたるみのないきれいな肌を保ちたいという女性たちから今注目を浴びているのが「幹細胞コスメ」です。ここでは、従来のコスメとは違う形でアンチエイジング効果を発揮する幹細胞コスメについてご紹介します。

 

幹細胞培養液って?

幹細胞コスメとは、幹細胞培養液を使用して作られた化粧品のことです。そして、幹細胞培養液は再生医療の研究の過程で生まれたもの。ここでは、美容に対して高い効果が期待できるといわれている幹細胞培養液についてみていきましょう。

■再生医療と幹細胞培養液

人間の細胞や組織は、生まれながらにして再生能力を持ち合わせています。この再生能力を利用して、障害を受けた、あるいは失われた組織や臓器を復元させるのが再生医療です。そして、再生医療のカギとなるのが幹細胞です。

幹細胞はいろいろな種類の細胞を作り出す「分化能」と自分自身のコピーを作る「自己複製能」を備えており、これらの能力を利用することによって再生医療が可能になります。再生医療に利用される幹細胞としてはES細胞やiPS細胞、組織幹細胞などがあり、それぞれ研究が進められています。

平成26年の9月には、iPS細胞を利用した移植手術が世界で初めて行われました。再生医療が世界に普及するまでにはまだまだ長い道のりがありますが、完全に実用化されればこれまでの医療が大きく変わるとして世界中が期待を寄せています。

そして、再生医療の技術から生まれたのが幹細胞培養液です。これは幹細胞を培養するときのいわば上澄みのことで、滅菌処理したうえで利用されています。幹細胞を利用した再生医療は未だ発展途上の段階ですが、幹細胞培養液は医療分野および美容分野ですでに実用化が始まっています。

■幹細胞培養液の成分

幹細胞培養液には幹細胞そのものは含まれていませんが、多くの成長因子やサイトカインが含まれています。成長因子とは細胞の活性化や分化などに影響を与えるもののことで、サイトカインは免疫反応に関連するもののことを指します。なお、成長因子とサイトカインの両方に分類されるものもあります。幹細胞培養液に含まれている成長因子・サイトカインとしては、主に以下のものが挙げられます。

・HGF(肝細胞増殖因子)

・GDNF(グリア細胞由来神経栄養因子)

・G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)

・HB-EGF(ヘパリン結合性上皮成長因子)

・bFGF(塩基性線維芽細胞増殖因子)

・IGF-1(インスリン様成長因子1)

・GH(成長ホルモン)

・NT-3(神経栄養因子3)

・BDNF(脳由来神経栄養因子)

・VEGF(血管内皮細胞増殖因子)

・TGF-α(トランスフォーミング増殖α)

・TGF-β(トランスフォーミング成長因子)

・TNFsRI(腫瘍壊死因子可溶性1型受容体)

このように多数の成長因子やサイトカインが含まれている幹細胞培養液には、免疫力の強化や傷ついた細胞の回復など多くの効果が期待できます。だからこそ、健康や美容に幅広く利用できると期待されています。

 

今注目の「幹細胞コスメ」とは

幹細胞培養液を利用して作られた化粧品が、幹細胞コスメです。日本ではまだ広く普及していないものの、高いアンチエイジング効果が期待できることからアメリカや韓国などの国々ではすでに高い人気を誇っています。高い生理活性を利用した幹細胞コスメは、気になる肌の老化を根本から解決してくれます。

幹細胞コスメは利用している幹細胞培養液によって、「ヒト由来幹細胞コスメ」「植物由来幹細胞コスメ」「動物由来幹細胞コスメ」の3種類に分けられますが、なかでも人気があるのがヒト脂肪幹細胞培養液を用いて作られたヒト由来幹細胞コスメです。

植物由来幹細胞や動物由来幹細胞から抽出された幹細胞培養液は、ヒトの細胞に対してどれだけの効果があるか明らかになっていません。それに対してヒト由来の幹細胞を用いて作られた幹細胞培養液には高い効果を見込むことができ、組織を再生させる効果があると考えられています。

 

幹細胞コスメの効果

幹細胞コスメを使用してスキンケアをすることによって、潤いとハリのある若々しい肌に近づくことができます。また、肌の白さと透明感がよみがえります。ここでは、幹細胞コスメが具体的にどのような作用をするのかについてみていきましょう。

■表皮幹細胞の活性作用

表皮幹細胞とは、肌の表面にある幹細胞のことです。これが活性化されることによって肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が促進されるため、健康な肌を保つことができます。シミやくすみが改善されるのもこの作用によるものです。

■真皮幹細胞の活性作用

真皮幹細胞は、表皮幹細胞よりもさらに奥に位置しています。これが活性化されるとコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの肌にとって重要な成分が積極的に生み出されるようになります。そして、これによってみずみずしくハリのある肌を取り戻すことができます。

■炎症の鎮静作用

TGF-β(トランスフォーミング成長因子)には抗炎症作用があり、肌の炎症を抑えてくれます。そのため、敏感肌の改善に効果があります。

■血管新生作用

VEGF(血管内皮細胞増殖因子)には、血管新生を促す働きがあります。血液の流れがスムーズになることで肌に酸素や栄養がいきわたりやすくなるため、肌が元気になります。

 

従来のコスメとの違いは?

 

アンチエイジング効果のあるコスメは、今までにも数多く発売されてきました。しかし、幹細胞コスメは従来のコスメとは大きく異なると考えられています。

年を重ねるごとに現れる肌の変化としては、シワやたるみ、シミ、乾燥、ハリのなさなどが挙げられます。また、肌に色素が沈着することにより透明感がなくなるのも肌の老化現象の一つです。今までのアンチエイジングでは、これらの変化一つ一つに対応していました。

例えば、肌にシワができたりたるんだりする原因の一つとしてコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの減少が挙げられます。これを解決するために、従来のスキンケアでは肌の上から不足した成分を補給することで老化を食い止めていました。しかし、このようなスキンケアはあくまでも一時的な対症療法に過ぎませんでした。

これに対して、肌の老化現象を根本から解決できるのが幹細胞コスメです。幹細胞コスメはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを補給する代わりに、これらを作り出す働きのある線維芽細胞を活性化させてくれます。これによって肌がどんどん老化する悪循環を断ち切り、若いころのようなハリのある肌に導いてくれるのです。

幹細胞コスメは、肌に不足しているものを補うのではなく細胞そのものを活性化させます。そのため、一時的に肌トラブルを解決するだけではなく持続的な効果を期待できます。再生医療は病気やケガの根本的な治療ができるとして期待されていますが、幹細胞コスメは根本的なアンチエイジングが期待できるといえるでしょう。

 

幹細胞コスメまとめ

実際に幹細胞コスメを使用した人たちからは、「肌にハリとつやが戻った」「シワが気にならなくなった」「若々しい肌に近づいた」などの嬉しい声が届いています。まだまだ歴史の浅い幹細胞コスメですが、アンチエイジング効果は大いに期待できるといえるでしょう。

従来のコスメでももちろんアンチエイジング効果は期待できますが、足りないものを補給する形のため効果には限界があります。しかし、細胞そのものを活性化する幹細胞コスメは老化の原因に根本からアプローチしてくれます。今までのスキンケアでは満足できない、より効率的に肌の老化を食い止めたいという人は、ぜひ幹細胞コスメを試してみてくださいね。

-幹細胞

Copyright© 幹細胞培養液とは , 2018 All Rights Reserved.